安心の無料相談、ご予約はお電話か問合せメールで。メール、FAXは24時間受付中

初回相談無料、船橋・鎌ヶ谷・白井・柏・市川・流山の相続手続き、終活、エンディングノート、愛する家族のために遺言書を遺しませんか!是非ご相談を

遺言はだれでも自由に作成することができまが、法的要件を満たした様式で作成する必要があり、一般の方が作成した遺言は要件を満たさず、無効になるケースもあります。
(運営:わたべ行政書士事務所)

これからのこと考えませんか?相続が「争族」にならないためにも!今から始めませんか。

遺言ってどう書くの?お金かかるの?戸籍謄本ってどうするの?相続の手続きって?

そんな困り事、遺言相続専門の行政書士が解決します。

    センター代表 渡部康行

わが家は財産なんて少ないから、揉めることなんてない。それは違います。一番揉めます、遺言書が必要です。

平成29年度の家庭裁判所の司法統計資料によれば、遺産分割で相続争いが行われている件数は、相続財産の価格が5,000万円以下の場合が約75%を占めており、年々数は増えています。

相続を「争族」にしないためにも遺言書を書きませんか。行政書士が親身にサポートします。

遺された愛する家族が、揉めないためにも、生前の内にしっかり準備しておきましょう。最期の想いを家族に遺し感謝の気持ちを伝えましょう。

相続手続きを、寄り添いサポート。行政書士は秘密厳守、安心・安全な国家資格者です。

ご自身では、時間と手間がかかる相続人調査、戸籍謄本の取得、金融機関の解約等お任せ下さい。

遺言書を作成しておいたほうが良い場合

相続のためにも遺言書は大切ですが、相続をめぐり親族間の「争族」にならないためにも、遺言書を作成しておりたほうが良い場合があります。

遺産相続で争いをさせたくない

生前にしっかり自分の意思を残すことで残された家族のもめ事を減らすことができる

相続人に手間をかけさせない

遺言執行人を指定しておけば、相続人は色々な手続きから解放され、手間が省ける

夫婦間に子供がいない。

子供がいない場合、被相続人の親や兄弟姉妹までもが相続人になることがある。
  遺言書に記載することにより、すべての遺産を配偶者に相続させることも可能(兄弟姉妹に遺留分なし)

配偶者以外の間に子供がいる

前妻の子、愛人の子にも相続権あり。見たこともない者同士で遺産分割協議をするとなると遺産争いになるケースが多い

内縁の妻、息子の嫁、孫などの法定相続人以外にに財産を与えたい

遺言書がなければ原則不可能、遺産分割協議には参加できない。手段は遺言しかない

相続人の人数や財産が多い

不動産の名義や金融機関の解約手続きには原則、相続人全員の関与が必要になる。遺言書で遺言執行者を決めておくと相続人を代表して相続手続きを進めることができる

松戸遺言相続支援センター

準備は早く始めましょう。迷っている時間はありません。

料 金

支払手数料・印紙代・出張費・交通費、通信費等が必要な場合があります。作成する書類の内容や難易度、収集が必要な書類の量、当事務所の受任する範囲などにより、料金は増加する場合があります。また公正証書の場合は公証人への手数料、証人への料金がかかります。

自筆証書遺言添削
22,000(税込)
遺言書はだれでも自由に作成することができます。しかし、法的要件を満たした様式で作成する必要があり、一般の方が作成した遺言書は要件を満たさず、無効になるケースもあります。そうならないためにも専門家が添削いたします。
自筆証書遺言作成
66,000(税込)
お客様のお宅に伺い、ヒアリング(聴き取り)をいたします。また、遠方の方は、遺言の主旨や思いを、メール、手紙等でお伝えください。その内容を当事務所が起案し遺言書案を作成します。
公正証書遺言作成
110,000~(税込)
お客様のお宅に伺い、ヒアリング(聴き取り)をいたします。また、遠方の方は、遺言の主旨や思いを、メール、手紙等でお伝えください。その内容を当事務所が起案し遺言書案を作成します。作成した遺言書案を以って公証人と打ち合せを行い後日公証役場でお客様と共に手続きを行います。

電話によるお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
047-710-9257
平日9時~17時(土日祝休み)

メールによるお問い合わせ

24時間受付中、お待ちしています。
お問い合わせ

最新記事